土地家屋調査士試験の資格の合格者である私が、誰も教えてくれない受験テクニック、ポイント学習を公開! 土地家屋調査士試験の受験生の誰にも聞けない悩み、質問等を直接回答します。土地家屋調査士試験は必ず合格できる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土地家屋調査士の資格に合格するために資格専門学校の選択が大きな

ポイントになりますが、書籍選びも大きな要素になります。

これは、人それぞれでありますので、一概には言えませんが、私の体験を

申しますと、誰でもあまり費用をかけずに、最大限の効果をあげたいと

考えているでしょうから、私もお金をあまりかけずに、一つ一つの書籍を

何度も繰り返し活用し、勉強方法を改善してきました。私が買った書籍が

民法
 LEC

の「出る順宅建」を買いました。これは、もともと宅建試験用のものですが、

これのいいところは、丁寧な解説と豊富な図表で基礎の基礎からわかりやすく

書かれており、民法というと、分厚い本というイメージがありますが、この本は

民法の割には比較的薄く、すいすいと読んでいけるので、勉強しやすかったですね。

超お薦めです。

そして、調査士関連では、やはり、過去問問題集が絶対必要ですが、お薦めは

東京法経学院

ですね。なぜかというと、過去問問題集の問題はもちろんどこの出版社でも同じですが、

解説の内容の濃さが全然違います。東京法経学院の解説は内容が濃く、いろんな法律

と関連させてくれるので、深く理解できるようになるのです。

ちなみに、今年受験された方々は、いろんな専門学校の模範解答を取り寄せているでしょうが

(私も東京法経学院、LEC,早稲田法科、日建学院等取り寄せました)

解説を比べてみると、その違いがわかります。今年からはどうかはわかりませんが、

去年までは東京法経学院が一番内容が濃かったです。

それと調査士六法ももちろん必要ですね。先例や通達も記載されているので、

上級者の方は、常にチェックできるのがいいですね。

最後に、書式用の書籍ですが、絶対お薦めなのが、土地家屋調査士受験研究会の

「測量計算と面積計算」です。


知っている方もいるかと思いますが、書式対策は、これ一本でOKです。

他のものには、手を出さず、この本だけで、合格レベルに達します。

基本的な計算ばかりですが、非常にわかりやくす解説され、

ほとんどの書式問題は解くことができるでしょう。

いろいろ紹介しましたが、これは、あくまで私の所見にすぎませんので、

本当に自分に合った書籍を探してください。要は、あまり手広く手を出さず、

特に初学者の方は、一つの本を徹底的に活用することが、大切だと思います。

受験生の中には、いっぱい本を買い込んで、いかにも勉強しているんだなと

思わせる受験生がいますが、人間そんなに限られた時間の中で、勉強なんてできません。

そんな人ほど案外合格していなかったのが、10数年受験生を見てきた感想です。

今から、これからスタートする方は今の時間が大切です。少ない時間を有効に

使いましょう。私の勉強時間なんて、昼間は仕事、夜は小さい子どもの育児に

追われ、3時間できたらいいほうで、測量疲れで勉強できない日も多々あったのですから・・・

次回は、以前にもこのブログで紹介しましたが、

私が行った勉強方法を紹介させていただきます。

 ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ





 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/10(金) 17:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://diary7777.blog74.fc2.com/tb.php/89-cdc86bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。