土地家屋調査士試験の資格の合格者である私が、誰も教えてくれない受験テクニック、ポイント学習を公開! 土地家屋調査士試験の受験生の誰にも聞けない悩み、質問等を直接回答します。土地家屋調査士試験は必ず合格できる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は私が実際に使っていた書式用教材についてお話させていただきます。

まず、関数電卓ですが、一応定番ですが、CASIOのfx-991ESを使っていました。



実は、この電卓に変えたのは試験の3ケ月前ぐらいでした。それまでは、同社の
370MSというのを使っていましたが、ボタンのタッチが硬く、よく自分では入力しているのに
反応してくれないなど、機能的に問題が生じるようになり、買い換えました。

このfx-991ESはボタンのタッチが柔らかく、入力でほとんどミスする事が無くなる
ばかりか、画面も大変見やすく(太陽の反射で見にくくなることも無い)なっていますので
やっぱり受験生にはお薦めですね。

これは、何処で買ったかというと、楽天市場の関数電卓で検索しました。アイゲット
という会社が一番安かったのですが(確か2900円ぐらいだったと思います)、そのときは
ちょうど在庫切れなっていました。でも、もしやと思い、そのショップにメールして、商品の
有無を確認したところ、展示用に使っていた物がまだ2つ残っていることで(ほとんど新品同様)、
即オーダーしてゲットしました。(ダメもとで聞いてみるべきだなと思いました。)

自分なりに一番安く購入する方法を探索してみるのも面白いかも・・・

明日は、定規及び自分がオリジナルで作成した資料等を紹介させていただきます。




ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

banner_22.gifブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://diary7777.blog74.fc2.com/tb.php/19-06322a40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。