土地家屋調査士試験の資格の合格者である私が、誰も教えてくれない受験テクニック、ポイント学習を公開! 土地家屋調査士試験の受験生の誰にも聞けない悩み、質問等を直接回答します。土地家屋調査士試験は必ず合格できる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土地家屋調査士の資格に合格するために資格専門学校の選択が大きな

ポイントになりますが、書籍選びも大きな要素になります。

これは、人それぞれでありますので、一概には言えませんが、私の体験を

申しますと、誰でもあまり費用をかけずに、最大限の効果をあげたいと

考えているでしょうから、私もお金をあまりかけずに、一つ一つの書籍を

何度も繰り返し活用し、勉強方法を改善してきました。私が買った書籍が

民法
 LEC

の「出る順宅建」を買いました。これは、もともと宅建試験用のものですが、

これのいいところは、丁寧な解説と豊富な図表で基礎の基礎からわかりやすく

書かれており、民法というと、分厚い本というイメージがありますが、この本は

民法の割には比較的薄く、すいすいと読んでいけるので、勉強しやすかったですね。

超お薦めです。

そして、調査士関連では、やはり、過去問問題集が絶対必要ですが、お薦めは

東京法経学院

ですね。なぜかというと、過去問問題集の問題はもちろんどこの出版社でも同じですが、

解説の内容の濃さが全然違います。東京法経学院の解説は内容が濃く、いろんな法律

と関連させてくれるので、深く理解できるようになるのです。

ちなみに、今年受験された方々は、いろんな専門学校の模範解答を取り寄せているでしょうが

(私も東京法経学院、LEC,早稲田法科、日建学院等取り寄せました)

解説を比べてみると、その違いがわかります。今年からはどうかはわかりませんが、

去年までは東京法経学院が一番内容が濃かったです。

それと調査士六法ももちろん必要ですね。先例や通達も記載されているので、

上級者の方は、常にチェックできるのがいいですね。

最後に、書式用の書籍ですが、絶対お薦めなのが、土地家屋調査士受験研究会の

「測量計算と面積計算」です。


知っている方もいるかと思いますが、書式対策は、これ一本でOKです。

他のものには、手を出さず、この本だけで、合格レベルに達します。

基本的な計算ばかりですが、非常にわかりやくす解説され、

ほとんどの書式問題は解くことができるでしょう。

いろいろ紹介しましたが、これは、あくまで私の所見にすぎませんので、

本当に自分に合った書籍を探してください。要は、あまり手広く手を出さず、

特に初学者の方は、一つの本を徹底的に活用することが、大切だと思います。

受験生の中には、いっぱい本を買い込んで、いかにも勉強しているんだなと

思わせる受験生がいますが、人間そんなに限られた時間の中で、勉強なんてできません。

そんな人ほど案外合格していなかったのが、10数年受験生を見てきた感想です。

今から、これからスタートする方は今の時間が大切です。少ない時間を有効に

使いましょう。私の勉強時間なんて、昼間は仕事、夜は小さい子どもの育児に

追われ、3時間できたらいいほうで、測量疲れで勉強できない日も多々あったのですから・・・

次回は、以前にもこのブログで紹介しましたが、

私が行った勉強方法を紹介させていただきます。

 ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ





 
スポンサーサイト
すでに来年の合格に向けて、スタートしている方もいるかと思いますが、

お勧めしたいのが、やはり、専門学校を受講することです。

私も最初、独学で合格を目指していましたが、気がつけば、7,8年経っていました。

もう後がなくなってしまい、周りからも、これ以上続けるの?的な空気を感じていましたので、

せっぱつまってしまいました。 そんなときに、2005年に東京法経学院


の実戦答練(4月開始)の通信教育を受講しましたが、不合格。

2007年には、実戦答練の通学に切り替え受講しましたが、やはり、不合格。

2008年にも実戦答練の通学を受講して、やっと合格となりました。

ここで、専門学校を利用する時期と、受講コースについてですが、それぞれの

学習レベル、予算にもよりますが、費用を最小限に抑えて、合格するんだという人には

4月から開始する実践答練がお勧めです。(約10万ぐらい)

このコースは、毎週一回(週末)、試験開始の約一か月前までの12回にかけて

毎週、予想問題が出されます。(全国模試代2回分もついていますし、自己学習用

としてさらに予想問題が2回分もらえます)

午前が試験、午後が講師による解説(17時30分まで)と中身が濃いものとなっています。

ですから、4月からの勉強はこの実践答練の問題の受講と復習だけで合格できますので、

この4月まで、基礎的な学習を終えておく必要があるのです。

その4月まで、独学でするのか、専門学校を利用するのかは、各自の判断になりますが、

私は、お金がなかったので、独学でひたすら、択一問題を解いていました。



スタートは既に切られています。準備は早ければ早いにこしたことはありません。

頑張ってください。合格した時の感動は、苦労した方ほど格別なのですから。



 次回は、お金を最小限に抑えた書籍の選び方について紹介してみたいと思います。












土地家屋調査士試験に受験された皆さん!今はほっとした気持ちでしばらくは、勉強の「べ」の文字も

聞きたくないと思っていることでしょうが、来年、合格するために、すでにスタートを切っている方々に

とっては、実は今から、しっかりとした計画をたてておかないと、来年の合格どころか、いつまでたって

も、格を勝ち取ることはできません。事実、私は、合格するのに、大変な時間を費やしてしまったの

で、よりリアルに感じるのです。

 もし、あなたが、上級者であっても、今からは、基礎的なことをじっくりやり直してください。再度見直

すことで、自分の欠点や不足していた知識が見えてきます。例えば、書式の中で、いつも自分が間

違えていた個所の見直し、不得意な敷地利用権の理解力etc...まずは、徹底的に基礎を見直し、徐

々に、細部のほうへ(通達、先例)駒を進めてください。そして、今からやるのは、やはり、択一問題で

すね。ここを、一回、年末までに過去問を一通りやりきることです。それから、書式をやって、一旦、択

一問題で記憶した内容を、頭から飛ばしてしまうのです。そして、4月ぐらいからまた再び、頭に叩き

込みます。このときは、絶対記憶して理解したことは、頭から飛んでしまはないように工夫しなければ

なりませんが・・・。

 とりあえず、もしあなたが来年絶対合格したいと考えているなら、専門学校をお勧めします。

実は、私はそれほど賢い人間の部類ではありませんので、独学ではもう無理かなと思い、

東京法経学院を利用させていただきました。

 次回は、この専門学校をいかにうまく利用して、合格させるかを、実体験を元にお話しさせていただ

きたいと思います。

 ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ

土地家屋調査士試験も終わり、合格の知らせを待っている方や、もう来年の

準備にかかっている方もいらっしゃるかと思いますが、合格のカギは

やはり択一問題を制することだと思います。

 ここで択一問題の攻略の仕方を、自分の経験から紹介していきます。

まず、択一を制した時のイメージとしてこんな感じになります。(あくまで、私のイメージです)

①択一問題はほぼ満点をとれるような自信がつきます。
②不動産登記法、不動産登記令、不動産登記規則、準則の条文が頭の中で
  ネットワークが作られ、個々の法令がリンクしあうような感覚になります。
③上記条文を上から見下ろしているような、眺めているような感覚で、条文の
  奥行きが見渡せるようになります。

とまあーこんな感覚になってきますが、これは一朝一夕にはいきません。

しかし、正しい勉強方法と、ちょっとしたコツを身につければ、十分可能です。

勉強方法は、合格者誰に聞いてもやることは、だぶん同じです。

①まず、参考書(基本書)を最初から、分野別に黙々と読みこなす。
②読み込んだ箇所の問題集を、その分野ごとに解いていく。
   これらの繰り返しです。それだけのことです。

要は、それらをどうやって、自分の記憶にしみこませるかです。

方法は、このブログの中の「多肢択一問題対策」の中で紹介していますので、

そちらをご確認ください。(多肢択一問題対策

いかに効率よく、忘れないで、理解力も身につけながら、短期間で満点が

とれるかです。択一問題が楽しくなってくればこっちのものですよ。


土地家屋調査士試験を受験された受験生の皆さん、大変お疲れ様でした。

この一年間、必死で勉強させてきた方々は、ほっとした気持ちと、がくっとした気持ちが

交差していることと思います。

 私は去年合格しましたが(この度、開業致しました)、正直なところ、不合格だと思いました。

自己で、甘めに採点して(70点そこそこ?)、ぎりぎりだったのですから・・・。

 それで、送られてきた採点結果が80点でしたから、ボーダーラインの方々

まだまだチャンスはあります。

 採点官の方も人間です。私の答案も甘く採点していただいたのでは

ないかと思っています。

 いろいろな受験校の解答速報もチェックしてみてください。去年は

東京法経、LEC、早稲田法科では択一の回答が見解の相違で

多少違っていましたし、書式も違っていましたので、そのへんも

確認して見てください。

ここに、各受験校の解答速報を記載しておきます。参考にしてください。


東京法経学院 解答速報 (動画解説もあるよ!)


LEC 解答速報


早稲田法科専門学院 解答速報

日建学院 解答速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。