土地家屋調査士試験の資格の合格者である私が、誰も教えてくれない受験テクニック、ポイント学習を公開! 土地家屋調査士試験の受験生の誰にも聞けない悩み、質問等を直接回答します。土地家屋調査士試験は必ず合格できる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開業準備等に追われブログの更新がおろそかになってしまいましたが、

少し落ち着いてきました。

いざ、開業となると、でるわづるわ、色々用意しなければならないものが

次々と出てくるものです。




まずは、金策(銀行との折衝、これが一番神経を使います。)、

機材等の準備(メーカーとの交渉)、機材以外の文具、

又は土地家屋調査士の職印の購入、名刺の作成(自作です)等です。

事業を起こすのですから、当然といえば当然ですね。




さて、これから本当に仕事の依頼があるのか大変ですが、

気合を入れて、頑張っていきます。




 受験生の皆さんも、今が一番大切なときです。

体調だけは、常日頃から、整えて、本番に向けて、頑張りましょう。




私の去年の今頃の学力はどれくらいだったんでしょうか?

確か、まだ、合格圏内には入ってなかったと思います。

でも、自分の弱点は、一応理解していたと思います。

そこで、自分が合格するために、また、弱点克服のためにしたこと、それは・・・

ミス帳の作成です。

これは、間違ったことをどんな小さなことでもいいので、例えば、添付書類に

住所証明書を記載するのを忘れたことや、地積測量図に分筆後の記号(イ)、(ロ)

の記載忘れなどを、ミス帳専用ノートにとにかく、書いていきます。そして、

答練の前に必ず一読して、そこを、特に注意しながら、問題を解いていました。

そうすれば、自分の癖がわかり、試験のときには、ほとんどケアレスミスはなくなりました。

簡単なことは絶対失点しない、これが合格のまず第一関門です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。