土地家屋調査士試験の資格の合格者である私が、誰も教えてくれない受験テクニック、ポイント学習を公開! 土地家屋調査士試験の受験生の誰にも聞けない悩み、質問等を直接回答します。土地家屋調査士試験は必ず合格できる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほとんどの方が今日から仕事始めではないでしょうか。

私今日会社で流血してしまいました。

朝、事務所の階段を掃除してて、階段に掃除機を置いていたところ

その掃除機が顔面に落ちてきて前頭部を直撃!

そこから、血が噴出してびつくり!何とか事なきを得ましたが、

床や洗面所に血がベットリ。新年早々から、散々な一日でした。


 それはさておき、前回に続いて、自分なりの書式用教材ですが、

本日は、製図用ペンです。皆さんは何処のメーカーの何mmペンを

使っていますか?

私のお薦めは↓ ↓
ペン

UniboLLの0.18mmペンです。画像では見にくいかもしれませんが、(アップ画像を掲載

しようと思ったのですが会社に忘れてきましたので、すいません)これは、優れものです。

なぜかと言うと、まず、線がにじまない事。それと、作図が正確に仕上げられる事があげられます。

僕は受験生の頃、とにかくにじまないペンを捜し求めて、よく文具店に行っていましたが、

最終的に、このペンにたどり着きました。良かったら使ってみてください。

ちなみに、0.18mmの他に、たしか0.20mm(さらにもう少し太目のペン先もあります)もあり

自分に合うのを探してみてください。それと、申請書等の書き込みには、別に、違う太いペン

を使っていましたので、追記しときます。あくまで、上記細ペンは作図のみの使用です。







ラランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

banner_22.gifブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
東洋大学強かったですね。優勝の瞬間は伊勢神宮へ初詣に行っていたので

見れなかったのですが、大会前からの不祥事があったにもかかわらず、メンバー

の思いがひとつになった証だと思います。皆さんおめでとう。そして、お疲れ様でした。

 さて、次の教材については、三角定規ですが、私はいわずと知れた東京法経学院

の縮尺定規 「すいすい君,すらすらチャン」 を使って言いました。

これも自分なりに工夫して、ちょっとした工作をしていました。

それが、下記の画像↓  ↓
テキスト4

ちょっと見難いかもしれませんが、三角定規に両面テープが貼ってあります。

これは、各階平面図、建物図面を書くとき、用紙を固定するためです。

手の圧だけで押さえている方からすれば、バカだと言われるかもしれませんが

これは、やってみる価値ありですよ。図面が正確に、慣れてくると早く作成できるようになります

一応簡単に工作の仕方を記載しておきます。

①両面テープを用意する。(粘着度は標準タイプがいいと思います。強いタイプは紙から
                 剥がれにくい。弱いタイプは作図中にとれてしまう)

②上記画像のように両面テープを三角定規の一面だけに貼り、3つ程の小窓をカッターで切り抜く。
  その3つの小窓をはがす。このままでは、粘着力が強いため、その小窓部分に衣服等
  を押し付けて粘着力を弱める。微妙な調整は各個人で行ってください。
  (ちなみに、なぜ小窓みたいに空けるのかというと、建物図面を作成するときに、その定規が
   今度はスライドさせる方になるからです。)

これで、各階平面図は、早く正確に作図できると思いますよ。ご参考下さい。

次回は、作図ペンについてです。最後までご覧頂きありがとうございました。





ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

banner_22.gifブログランキング・にほんブログ村へ

箱根駅伝が行われており、第6区が終わったが、東洋大早稲田の壮絶なトップ争い

しばし見とれていました。昨日の東洋大の第5区の柏原君の走りには、感動しました。

何か去年の調査士を勉強している自分とクロスロードするみたいで、今の自分に勇気

を与えてもらった受験生の方もいるのではないでしょうか。

 さて、昨日は関数電卓の話をしましたが、その関数電卓、皆さんはどのように使っていますか?

下の写真を見てもらうとわかると思いますが、
電卓3   電卓4
ボタンを押しやすくするため、右側を少しあげています。これは、書式問題をやっている方

にはわかると思いますが、関数電卓の画面を見るとき、少し斜めから、見ることにより、

その画面の数字が見ずらいのを感じたことはないでしょうか?

これらを解消するため、このようにクッション材を貼っています。これは、画面を見やすく

なるだけでなく、ボタンも押しやすくなるばかりか、押し不足をも解消できるというメリット

もあるのです。このクッション材ですが、ちかくの100円ショップに売っていますので、

是非お試しあれ!全国模試等に行くと、けっこう皆工夫してやっていますよ。


 
ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

banner_22.gifブログランキング・にほんブログ村へ

今回は私が実際に使っていた書式用教材についてお話させていただきます。

まず、関数電卓ですが、一応定番ですが、CASIOのfx-991ESを使っていました。



実は、この電卓に変えたのは試験の3ケ月前ぐらいでした。それまでは、同社の
370MSというのを使っていましたが、ボタンのタッチが硬く、よく自分では入力しているのに
反応してくれないなど、機能的に問題が生じるようになり、買い換えました。

このfx-991ESはボタンのタッチが柔らかく、入力でほとんどミスする事が無くなる
ばかりか、画面も大変見やすく(太陽の反射で見にくくなることも無い)なっていますので
やっぱり受験生にはお薦めですね。

これは、何処で買ったかというと、楽天市場の関数電卓で検索しました。アイゲット
という会社が一番安かったのですが(確か2900円ぐらいだったと思います)、そのときは
ちょうど在庫切れなっていました。でも、もしやと思い、そのショップにメールして、商品の
有無を確認したところ、展示用に使っていた物がまだ2つ残っていることで(ほとんど新品同様)、
即オーダーしてゲットしました。(ダメもとで聞いてみるべきだなと思いました。)

自分なりに一番安く購入する方法を探索してみるのも面白いかも・・・

明日は、定規及び自分がオリジナルで作成した資料等を紹介させていただきます。




ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

banner_22.gifブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。