土地家屋調査士試験の資格の合格者である私が、誰も教えてくれない受験テクニック、ポイント学習を公開! 土地家屋調査士試験の受験生の誰にも聞けない悩み、質問等を直接回答します。土地家屋調査士試験は必ず合格できる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、原本還付できるものできないもの編ですが、これも、問題に出される毎に

しっかりノートに分けて記録しておいて下さい。絶対後で役に立ちますので・・・

<原本還付可>

・住所証明書
・資格証明書
・単有名義を共有名義とする所有権に関する上申書、申述書
 に添付する印鑑証明書
・工事完了引渡証明書に添付する資格証明書、印鑑証明書
・本人確認情報に添付する職員証明書  など


<原本還付不可>

・委任状
・合筆、合体等の登記申請書に添付する印鑑証明書
・単有名義を共有名義とする上申書又は承諾書
・分筆登記申請等に添付する抵当権等の消滅承諾書及びこれに
 添付する印鑑証明書(ただし、資格証明書は還付可)
・合体後の建物の持分を定めるについての抵当権の登記名義人の承諾書
 に添付する当該抵当権の登記名義人の印鑑証明書
・地役権証明書
・資格者が作成した本人確認情報
・共用部分である旨の登記を申請する場合の所有権以外の権利に関する登記の
 登記名義人の承諾を証する情報を記載した書面に記名、押印した当該登記名義人
 の印鑑証明書   など


※上記内容については、この当時、私が実際に問題集等で勉強した
情報を元に多少の文言を変更の上、取りまとめましたので個人の責任
に於いて御参考にして下さい。

※私が受験時、勉強させてもらったサイトを紹介させていただきますので、参考にして下さい。
  chosasi_Bkyu
  http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2418/shin/ka.html







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。