土地家屋調査士試験の資格の合格者である私が、誰も教えてくれない受験テクニック、ポイント学習を公開! 土地家屋調査士試験の受験生の誰にも聞けない悩み、質問等を直接回答します。土地家屋調査士試験は必ず合格できる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今や受験シーズン真っ最中で中学高校生の方々にとっては今が大切な時ですね。

土地家屋調査士試験におかれましても、まだ発表がありませんが、8月22日(日)

が試験日になることでしょう。今が大切な時なのです。

今の時期は、野球で言えばキャンプイン前の自主トレの時期みたいなものでしょうか。

キャンプを万全な状態で臨むため、基礎的な練習を済ませ、足腰を鍛えている状態ですね。

私は、4月開講の東京法経学院の実践答練を受講していたので、このキャンプがいわばこの実践答練だったのです。

今は、とにかく基礎的なことを再度徹底的に見直し、足腰を鍛えてください。必ずその成果が、8月の本番

前のつらい時期に支えとなるはずです。野球と同じですね。

私は、4月からのこのキャンプで徹底的に、実践練習を行い、土地家屋調査士試験の合格を勝ち取りました。

勉強方法は個人個人で様々ですが、短期でしかも今年何が何でも合格したいと願うならば、

専門学校をうまく利用するのも一つの方法です。

寒い時期ですので、体調管理にはくれぐれもご注意くださいね。それでは!!!



合格者輩出実績№1、プチパパも3年間お世話になりました。



個性的な講師陣と独自のカリキュラムで近年人気の専門学校
スポンサーサイト
よく短期間で効果的な勉強方法はないんですか?ってよく聞かれますけど、

択一問題については、記憶力

書式については、速読力+応用力とよく言われます。




択一問題について言えば、試験前日に頭の中の記憶量が最大値に

なっていればよく、それまでの実力試験等を意識せず、割り切れるかどうか。

今は、このての問題は点が、とれなくてもいいんだと考え、単に暗記するだけの

問題(例えば、規則23条の保存期間)は特に勉強せず、紙に書いて、トイレに

貼り付けていました。(これで、暗記することなく、自然と身につく)




それと、とにかく、書いて、整理して、常に携帯すること、これは、少ない時間

のなかで、常に空いた時間の中でも勉強する機会を自分に与えることです。

例えば、私は小さい子供が風邪引いて病院に連れて行ったとき

(嫁から病院へ行けと指示が飛ぶ(笑))待合室でとか、家族でどこか行くときでも

車は嫁に運転させ、後部座席でノートをひらいたりとか・・・

ちょっとした工夫で、効果的に勉強できるものです。



ノートについて自分が作ったのは次の4種類です。

①単語カード(下記URL参照)
②不動産登記法、令、規則、準則をインターネットでプリントアウトしたもの(下記URL参照)
③書式集(何も書いていないものに自分の手書きで建物から土地の全種類の登記目的の
 申請書をつくったもの)
④民法だけのノート(問題を解く中で気になることをメモしたもの)

特に単語カードはお薦めです。合格した平成20年度からやり始めたもので

特に効果がありました。



とにかく、自分オリジナルの勉強方法を見つけて、効果的に勉強してみてください。
案外勉強って楽しいものですよ。

過去の当ブログのオリジナル勉強方法

ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
仕事帰りの車内、ラジオからサザンの名曲「メロディー」が流れる。

昔の自分に戻ってみたいと思った。

そしたら、もう一回土地家屋調査士の受験勉強しなくてはならない。

もう戻りたくないと思った。


前回に続いて、自分作成教材の話ですが、去年新たに受験対策として

試みたのが、これです。   ↓   ↓
テキスト7テキスト8
少し見ずらいかもしれませんが、左側が筆界特定関係の資料、登記完了証及び

登記識別情報の違い等の詳細事項をまとめたもの、また不動産登記規則第28条の

保存期間をワープロでまとめたもの、調査士法の暗記事項等をまとめたものを

クリアファイルにさくさく入れて保存していくのです。

右側が申請書式が項目別に(土地なら分合筆、一部地目変更、分筆登記など、建物なら

区分建物表題部変更登記、合体、分割合併など)ファイルしてあります。

なぜこうしたのかというと、自分が弱点と思われるところを、いつでもさっと素早く

確認するためです。それに気付いた事をそこにどんどん書き込めるし、3ヶ月ぐらいすると

立派な書式サンプル集のようなものになって、いちいち重い参考書の書式ページを

開かなくてもこれ一冊あれば書式記載事項は完璧に学習することが出来るのも

大きな利点にもなりました。

このクリア ブックも100円ショップに行けば、一冊100円で買えますし経済的です。

時間の初期投資はかかりますが、作ってしまえば、後が大変楽になってきましので

自分では結局ところ、これが合格圏内に入る近道になったかなと実感しています。

ご参考まで・・・。





ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

banner_22.gifブログランキング・にほんブログ村へ

人それぞれ勉強の方法があると思いますが、あると思います。(冗談はさておき)

択一問題等勉強していく中で、これは憶えてもすぐわすれてしますだろうなー

と感じたことは、私はすぐ書くようにしていました。

では、どうやったのか?それがこれ!↓   ↓
テキスト6

単語カード
です。

毎年毎年失敗してきた結果、今年考えたのがこれ!

問題の中で、あーこれ以前やったけど、なんだっけなーと思うけど思い出せない。

迷った挙句、間違った答えを選択。あの時きちんと憶えていたらなーと後悔すること

ないですか?そんな失敗をしないため、徹底的に単語カードに書き込んだ結果、

ほとんどこの忘れがなくなりました。

コンパクトだし、いつでも持ち運んで、さっと見れるから、択一問題の得点力アップ

には、お薦めですよ。これも100円ショップに行けば、5つぐらい入っていて、超お買い得!

今思えば、分野別に例えば、総論、土地編、建物編、区分建物編に分けとけば、もっと

効率良く憶えられたなと思います。それぞれ工夫してみてください。





ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

banner_22.gifブログランキング・にほんブログ村へ

択一対策として、いかに問題を理解して知識を深めていけるかということですが、私の失敗談として
は、いかに「やった問題」を忘れることなく、脳に記憶させてやれるかということにつきると思います。


同じような問題を数多くこなす中で脳は徐々に理解を深めてくれるが(理解力は信用できるが)、悲しいかな記憶力は信用できないのです。ですから、いかにして、脳に記憶させてやるかということになるのです。

簡単に言うと、ずばり、書くことです。単に書くだけではダメです。書いたものを手軽に持ち運びできるようにして、繰り返し読み返すのです。実体験ですが、子供を病院に連れて行ったときの待ち時間(子供病院はなぜか待ち時間が長いので)や、家族でショピングへ行ったとき(嫁に運転させての助手席で)など、これをいつも持って見ていました。

ちょっとした待ち時間が、気になり始めるのです。なんかこの時間、もったいないなと。ふとした時に、以前やった問題が気になるときがあるものです。そんな時、これをうまく活用していました。


 では、何にメモさせていたかというと、単語カードです。中学高校の時、英単語を覚えるのに、使ってたやつです。100円ショップへ行けば、2,3束入りのが買えますので、それにちょっとしたポイントを書いて持ち歩いていました。今思えば、本当にこれはやってて正解でした。不合格、不合格の連続で得た答えは、解いた問題を絶対に忘れさせない工夫です。


 特に初学者の方は、最初から全部記憶しかつ理解させるのは不可能です。最初は、暗記なんか考えずに一通り問題をやりきることです。これは大変ですが、必ずやっているうちに、自然と理解できるようになってきますから、心配はいりません。問題は、いかに脳に記憶させてやるかです。


 人それぞれのやりかたがあると思いますが、工夫が必要です。合格者は人と違うことをやっています。専門学校の答練に行って、受験生を観察していると、こんなことまでやっているのかと勉強になります。筆記用具一つとっても合格者はこだわりを持っています。筆記用具については、またの機会にお話しようと思いますが、いつもの同じやり方ではダメだということです。


 数々の失敗の中で、私はこのやりかたで択一問題はほぼ完璧に満点を取ることが出来たのです。
 受験生の皆さん頑張って下さい。合格者は一握りです。今年の合格率は6.7%です。100人入る教室の中で合格者は10人もいません。あなたは去年のやり方を今年もやり続けますか?絶対失敗します。私は先輩合格者の話を聞き、ただそのまねをしただけなのです。


 だから、簡単に調査士に合格することが出来たのです。
長々と書きましたが、最後までご覧頂きありがとうございました。


ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

banner_22.gifブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。