土地家屋調査士試験の資格の合格者である私が、誰も教えてくれない受験テクニック、ポイント学習を公開! 土地家屋調査士試験の受験生の誰にも聞けない悩み、質問等を直接回答します。土地家屋調査士試験は必ず合格できる。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の土地家屋調査士試験の建物の問題は非常に

簡単な問題でびっくりしました。しかし、受験生にとっては

建物の問題では他の受験生に差がつけられないという

大きなプレッシャーを背負いながら、土地の問題を解答しなければならず、

しかも、計算量の多い受験生の泣きどころの問題が出てしまいました。



ここでは、今回の建物の問題について、知っておいてほしいことがあります。

今回の問題では、屋根裏部屋を3階建と認定できるかという問いでしたが、

実務的なことを申しますと、今回のような屋根裏部屋(昇降式階段付き)は

年に何回か経験します。この部屋は、外回りだけでは、わからないことが多いのです。

実際に2階に入らせてもらい、必ず、屋根裏部屋がないか確認する必要があります。

また、建築図面には屋根裏部屋が表示されていないこともしばしばあります。

大手メーカーの建築図面だから大丈夫と思ってそのまま登記してしまったら、

大変なことです。(損害賠償の対象になることだってあるかもしれません)

以前にもこんなことがありました。木造の建物の登記の依頼があり、

現地に行きました。所有者は仕事の都合で、現地に来れないとのことで

所有者の了解を得て、外形だけを測量だけしてその日は帰りました。

しかし、外形が平家建だったにもかかわらず、家の上部に小窓があり、

少し平家建の割には違和感があったので、後日、所有者の在宅時に、

中を見せてもらうと、玄関の少し奥にになんと1階の天井から垂れさがっている

階段を発見!やっぱりあったかー。(高さは1.50以上)

結局、この建物は、2階建として申請しましたが、所有者の方は

少し憮然としていました。だって、その分固定資産税を納めなくては

ならないからです。

このように、こちらとしては、法律どおりに職務を遂行したのにもかかわらず

所有者の方にとっては、厄介な奴だと思われてしまうこともあるのです。


しかし現実には、もっと微妙で厄介な小屋裏部屋があります。

床面積に算入すべきかはその時の状況判断になりますが、できる限り所有者の

利益に沿うような申請を心がけるようにしています。



私は、今回の建物の問題を見て、現地の正確な確認が本当に大切なんだと

改めて感じた次第です。


今日も訪問いただきありがとうございました。
もしよろしければ、応援して下さい。


人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へTREview
スポンサーサイト
平成21年度土地家屋調査士の土地の書式問題を解いてみました。

多くの受験生が苦戦したという問題とのことですが、

難度的には高いレベルではないと思いますが、

二次関数を勉強していなかった方は J点の座標値は

算出できなかったろうと思います。

J点を求めることができなければ、I点、K点、L点も算出できませんからね。

自動的に面積算出も図化もできないということになるかと思います。

土地家屋調査士の問題は、毎年のことですが、ポイントとなる

ある一点の座標値を求めることが出来なければ、その後の問題も

解けないという受験生泣かせの問題です。

今後も二次方程式を含め、幅広く公式集を整理する必要がありますね。



二次方程式の関連サイトを参考までに。

今日も訪問いただきありがとうございました。
もしよろしければ、応援して下さい。


人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へTREview



やっぱり受験生の皆さんは、関数電卓における、複素数の活用の仕方には、興味があるみたいですので、それについて、記事にしてみますが、実は、私はあまり自慢できるような活用方法はありません。それでも土地家屋調査士の試験は合格できるということです。

 私の方法は以下の通りです。


①距離と方向角がわかっていれば、やっぱりX,Yは複素数でやるべきです。これは、断然Cos,  SinでX、Yを算出するよりは早いし、正確です。

②交点計算は、私の場合、関数電卓のEQNで算出していました。傾き等はもちろんメモリーに入れておくのは当然ですね。

③辺長を算出するときは、Pol 機能を使ってPol(A-B,C-D)をCALCボタンで登録しておけば、連続で辺長を計算できますので、時間短縮になりました。

 以上、私が関数電卓ならではの機能を使っていたのはこれだけです。つまり、これだけできれば土地家屋調査士の試験は合格できるということです。色々探求するのは大切ですが、あまり深みにはまらないようにして下さいね。




楽天で最新の関数電卓を探してみてはいかが?

 ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
プチパパ式地積測量図の作成方法ですが、一番シンプルで間違えにくい

方法だと思うのですが、どうでしょうか?

座標値がA(65.43、72.52) B(77.84、71.01)  C(76.72、93.17)

D(64.45,94.64) E(77.28,82.09) F(64.92,83.98)としましょう。

まず、作図の最終形が画像①になります。

画像①
図


少し見にくいので、上の左から順にB点、E点、C点、

下の左から順にA点、F点、D点となっています。(上が北になります)

まず最初にプロットするのが、Y座標の一番小さい点からプロットします。
ポイントは、Y座標の一番小さい点を基点とすることです
Y座標が一番小さいのがB点だというのは、すぐわかります。

B点からプロットすることが決まったら、あらかじめ、B点から一番遠い
Y座標であるD点と、B点から一番遠いX座標D点が地積測量図の右半分
に収まることを、チェックしておきます。

そして、図面全体が収まることを確認したら、まず、直定規を画像②のように
固定し、適当な所にB点をプロットします。(これは当ブログの書式用教材Part2でわかると
思いますが、両面テープが貼ってありますので、この直定規は動きません)
画像が②では、わかりやすいように、すでに図化してありますが、本当は
B点をプロットしただけで、何も書かれていないとイメージして下さい。

画像②
土地家屋調査士2

ここで、関数電卓fx-991ESを使います。まず、B点のX座標をメモリーAに格納、
Y座標をメモリーBに格納します。

そして、次にA点をプロットする前にA点のX座標65.43-メモリーA(77.84)
=-12.41を計算し、もう一方の上下に動かす方の直定規をB点から下に(マイナスということ)
12.41ずらします。ずらしたら、A点のY座標72.52-メモリーB(71.01)
=   1.51を計算し、上下に動かす方の直定規から1.51を読んでプロットして、Aと仮に
記載しておく。それが画像③です。

画像③
土地家屋調査士3


順番はB点からA点へとプロットする必要はなく、どの測点からプロットしても構いません。
ここではただ単にそのようにしただけです。そして、後はこれを繰り返して全点をプロット
して点を結ぶだけです。

このやり方のメリットとして、何万の単位やマイナスのついたどんな座標であろうが、びびる
必要はありません。ただ単に、このやり方で数値を電卓に入力するだけです。また、基準とする
点をわかりやすい数値に変更する必要も考える必要もありません。

私が行き着いたところが、余計なことを考えない。シンプルで間違えにくいといったところです。
これも、人それぞれのやり方があると思いますので、参考程度まで・・・

PS:私の通学していた東京法経学院の講師の方は、殆ど定規を使わないと言っていました。
   それは、ひたすら、コンパスで2円交点で点を作り、線を結ぶだけのもの。これも1つの
   やり方です。簡単な4角形なら、点間距離も同時にもとまるわけですから、この方が早い
   かもしれません。ひとつ参考までに・・・

これをご覧の方、また、意見を聞かせてください。

ランキングに参加しています。応援して下さい
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。